Magic Eden Wallet(マジックエデンウォレット)の特徴は?

マジックエデンウォレットの特徴、アイキャッチ
この記事はこんな人におすすめ
  • Magic Eden WalletとMeta Mask(メタマスク)の比較を見たい人
  • Magic Eden Walletを使うメリット・デメリットを知ったうえで、利用するか決めたい人
  • Magic Eden WalletでもReward(リワード)がもらえるのか知りたい人
コテ

私は
「そもそもウォレットって何?」
「なんでNFTに価値があるの?」
といった完全初心者からNFTを始めました。
そんな私でも公式サイトやブログ記事を徹底的に調べ、現在はMagic Eden Walltを作った経験をもとにこの記事を執筆しています。

この記事を読めば、Magic Eden Walletをまるっと理解できます。

前半はMagic Eden Walletの特徴について、後半はMagic Eden Walletとリワードの関係について説明するので、ぜひ読み進めてください。

目次

Magic Eden WalletとMetaMaskを7つの項目で比較してみた

マジックエデンウォレットとメタマスクの比較
バシ

最近話題になっているMagic Edenがリリースしたウォレットだから気にはなっているけど、実際どうなの?

という人のために、Magic Eden WalletとMeta Maskの比較(2024年3月時点)を表にまとめました。

ウォレットの中でも有名なMeta Maskと比べることで、Magic Eden Walletの特徴がより分かりやすくなります。

スクロールできます
Magic Eden WalletMetaMask
運営会社Magic Edenリリース:2024年Consensysリリース:2016年
ネットワークソラナ
イーサリアム
ビットコイン
ポリゴン
ポリゴンやアバランチなどのイーサリアム系
日本語対応×
スマホアプリなしあり
パソコンChrome拡張機能Chrome拡張機能
拡張機能ユーザー数100,00016,000,000
セキュリティ
コテ

項目ごとにそれぞれみていきましょう。

①運営会社

Magic Eden WalletMeta Mask
運営会社Magic Edenリリース:2024年ConsenSysリリース:2016年

Magic Eden WalletはBAYC(Bored Ape Yacht Club)やCNP(CryptoNinja Partners)などの超有名プロジェクトが、Open Seaから移行したことで話題となっているMagic Edenがリリースしたウォレットです。

一方Meta Maskは、イーサリアムの共同設立者であるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)が設立したConsenSysによって開発・運営されています。

②ネットワーク

Magic Eden WalletMeta Mask
ネットワークソラナ
イーサリアム
ビットコイン
ポリゴン
ポリゴンやアバランチなどのイーサリアム系

Magic Eden WalletはイーサリアムベースのNFTを保管できるのはもちろん、ビットコインNFTであるOrdinalsにも対応しているのが特徴です。

トップ

とりあえずNFTを保管するためにMeta Maskに登録したけど、ビットコインはどうしよう…。

という方もいると思いますが、Magic Eden Walletならイーサリアム系もビットコイン系もこれ1つで管理できるので便利です。

③日本語対応

Magic Eden WalletMeta Mask
日本語対応×

Magic Eden Walletは、日本語に対応していません。

拡張機能でMeta Maskをひらくと日本語で表示されますが、Magic Eden Walletは英語です。

コテ

Google翻訳機能も使えないから、DeepL翻訳で日本語にするか、CRYPTDOGZのような信頼できる日本語ブログを見ながらMagic Eden Walletを使いましょう。

④スマホアプリ

Magic Eden WalletMeta Mask
スマホアプリなしあり

パソコンを持っている人は、アプリが無いからといって特に困ることはないでしょう。

しかしパソコンを持っていない人は、2024年3月時点ではMagic Eden Walletを使いたくても使えません。

ただし、Magic Eden Walletのアプリは今開発中

将来的には、スマホでも利用できるようになると考えられます。

⑤パソコン

Magic Eden WalletMeta Mask
パソコン拡張機能あり拡張機能あり

Magic Eden WalletもMeta Maskも、拡張機能を追加することで利用できます。

Magic Edenを使えるブラウザは、Google Chrome(グーグルクローム)とBrave(ブレイブ)です。

一方Meta Maskは、次の5つです。

  • Google Chrome
  • Firefox
  • Brave
  • Microsoft Edge
  • Opera

⑥拡張機能ユーザー数

Magic Eden WalletMeta Mask
拡張機能ユーザー数100,00016,000,000

8年前にリリースされたMeta Maskのユーザー数が多いのは、それほど驚くことではないでしょう。

一方今年リリースされたMagic Eden Walletのユーザー数がすでに10万人に到達しているということは、それだけ期待値の高いウォレットだと言えますね。

コテ

ユーザーが多いということは、始め方や使い方をブログで書いている人も多いってこと!

もちろん公式サイトで分からないことをチェックすることもできますが、ブログ記事の方が日本語で理解しやすいし、よりあなたの悩みにピンポイントに答えてくれるでしょう。

⑦セキュリティ

Magic Eden WalletMeta Mask
セキュリティ

Meta Maskはセキュリティの専門家と独立した研究者によって監査されていますが、ハッキングされた事例や偽のサイトやメールによる詐欺被害があるのも事実です。

一方Magic Eden Walletは、ブロックチェーン業界で世界的に有名なHarlbornによる監査が実施されています。

2024年3月時点では、大きな詐欺やハッキングによる被害は報告されていません。

コテ

とはいえユーザーが増えれば増えるほど、狙われやすくなるもの。

自分の資産は自分で守る努力をしましょう。

Magic Eden Walletの特徴

マジックエデンウォレットの特徴

上記の比較ではお伝え出来なかったMagic Eden Walletの特徴が、まだまだあります。

そこでこの章では、Magic Eden Walletを使うメリット・デメリットについて紹介するので参考にしてください。

Magic Eden Walletを使う2つのデメリット

Magic Eden Walletを使うデメリットは、次の2つです。

①将来性・安全性が未知数
②リカバリーフレーズが異なるウォレットを複数作れない

それぞれ簡単に説明します。

①将来性・安全性が未知数

リリースされてから日が浅く、老舗による安心感みたいなものは少ないです。

今後、「突然ウォレットが使えなくなった」とか「ハッキングされてNFTが盗まれた」とかいった事件が起きないとも限りません。

またOpen Seaと同じように、Magic Eden Walletの”Hidden items”に見覚えのないNFTが勝手に送られてきます。

MagicEdenWallet-merit-demerit-1

このNFTに触ってしまうと、あなたの大事なNFTを盗まれる可能性も。

コテ

見知らぬNFTは無視して、放置してください!

②リカバリーフレーズが異なるウォレットを複数作れない

Meta Maskのハッキング対策として、リカバリーフレーズの異なるウォレットを複数作る方法があります。

メタマスクの特性

たとえばAとB2つのウォレットを作り、NFTマーケットプレイスと接続するのをAだけに限定します。

そして、暗号資産やNFTを買うたびにAからBに移動させるようにしておきます。

この場合、Aがハッキングされたとしてもリカバリーフレーズが異なるBのウォレットから盗まれることはないので、資産を守れるのです。

一方Magic Eden Walletでは、まもなくリリースされるLedgerを除いて、1つのウォレットしか作れません。

Magic Eden Walletを使う5つのメリット

Magic Eden Walletを使うメリットは、次の5つです。

①複数のネットワークの暗号資産やNFTを同時に管理できる
②使いやすい
③簡単にスワップできる
④今Magic Eden Walletに登録すると、NFTがもらえる
⑤Diamondsがもらえる予定

されぞれサクッと見ていきましょう。

①複数のネットワークの暗号資産やNFTを同時に管理できる

コテ

この特徴は上記でも紹介しましたが、私が思うMagic Eden Wallet最大の魅力なので再度お伝えします。

異なるネットワークの資産を管理するには、それぞれのネットワークに対応するウォレットを準備するか、Meta Maskの場合はネットワークの切り替えが必要になります。

一方Magic Eden Walletでは、この手間が不要です。

さらに保有している資産の残高だけでなく、暗号資産の時価や前日比を1つの画面で見れるので楽です。

②使いやすい

Magic Eden Walletは英語ですが、シンプルで分かりやすいので初心者でも簡単に操作できます。

特に暗号資産の送受信がやりやすく、ワンクリックでウォレットアドレスをコピーできるのが良かったです。

コテ

はじめて使ったときも、それほど迷わずできました!

③簡単にスワップできる

Magic Eden Walletでは、異なるネットワーク間での暗号資産のスワップが簡単にできます。

個人的には、Magic Eden Walletが対応している4つのネットワーク以外のアルトコインにもスワップでき、短時間で完了するというのが驚きでした。

– スワップ –

スワップとは、ある暗号資産を別の暗号資産に交換することです。

④Magic Eden Walletに早期に登録すると、NFTがもらえる

MagicEdenWallet-merit-demerit-2

Magic Eden Walletに早期にインストールすると、NFTが無料でもらえます。(3月5日で終了しました)

コテ

ただしガス代はかかるので、事前にSOL(ソラナ)をMagic Eden Walletに入れておく必要があります。

また日付は未定となっていますが、INKonBTCのALが配布される可能性もあるようです。

MagicEdenWallet-merit-demerit-3

3つのNFTをもらい損ねた人も、楽しみに待ちましょう。

⑤リワードプログラムが連携予定

Magic Eden Walletとリワードプログラムが連携されれば、Magic Eden Walletを使うことでDiamondsを貯められるようになりそうです。

MagicEdenWallet-merit-demerit-4

– Diamonds –

DiamondsとはMagic EdenでのNFTの購入や出品、オファーの作成によってもらえるポイントのようなものです。

Diamondsをたくさん貯めるほど、NFTの購入や販売手数料が割り引かれるようになるでしょう。

コテ

同じ取引をするなら、ポイントがもらえた方が嬉しいですよね。

2024年3月時点では、Diamondsをもらえるのはソラナチェーン上の取引のみ。

ほかのチェーンには、随時対応していく予定です。

まとめ:さっそくMagic Eden Walletを作ってみよう

ウォレットを作ってみよう、まとめ

この記事のポイントをまとめるとこんな感じ。

・Magic Eden Walletはリリースしてから日が浅いということもあり、「開発中」「~予定」とされている部分が多い
・複数のネットワークの暗号資産やNFTを同時に管理できる
・Magic Eden Walletとリワードプログラムがまもなく連携する予定

Magic Eden Walletは、シンプルで直感的に分かりやすく初心者でも使いやすいウォレットです。

BAYCやCNPといった超有名NFTプロジェクトがどんどんMagic Edenに引っ越している中で、

ポム

Magic Edenとの相性が良いMagic Eden Walletを使いたい

と思うようになるかもしれません。

これを機に、Magic Eden Walletを作っちゃいましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次